SSD・crucial BX500レビュー!HDDから載せ替えて超快適!

S904/J レビュー・カスタマイズ

古いノーパソをSSDに載せ替えで超快適に

愛用しているノートパソコン、富士通S904/J のHDDをSSDに載せ替えました。

スペックと値段でいろいろ悩んだ結果「crucial BX500」にしました。

値段も安く、性能にも満足しています。

古いパソコンがSSDに載せ替えるだけで超快適になりました。

ノートパソコンの買い替えに比べれば圧倒的に安く、見違えるほど快適になりました。

 

Crucial SSD BX500 仕様

  • 商品:Crucial SSD BX500 内蔵型SSD 2.5インチ 7mm
  • 型番:CT1000BX500SSD
  • 仕様: シーケンシャル読み取り: 540MB/秒
  •            シーケンシャル書き込み: 500MB/秒
  • インターフェース: SATA 6.0Gb/s

サイズは2.5インチHDDと同じ

当然ですがサイズは2.5インチのHDDと同じです。

なのでHDDを外してSSDをはめるだけで交換自体は完了します。

アマゾンの仕様欄がちょっと紛らわしいところがあり「SLC」と勘違いしてしまいそうですが、「TLC」になります。

そもそも「SLC」は高額なのでこんなに安くは販売していないはずです。

「TLC」なのでご注意。

あとHDDに比べてSSD自体の重量がかなり軽いです。

重量は測ってないですが、手に持った感じでわかる位軽いです。

ノートパソコンの軽量化にも貢献しますね。

ノートパソコンにSSD載せ替え

愛用しているノートパソコン「fujitu S904/J」のHDDをSSDに載せ替えます。

ネジを10数本外してHDDとSSDを交換。

HDD自体はSATAのソケットにはまっていただけなので簡単に交換できました。

外装のカバーを外したらソケットを差し替えるだけのなので超かんたんです。

中身のデータ移行を考えなければ10分程度で交換完了しました。

コピーに使ったソフト。

元々ついていたHDDの中身を丸ごとコピーしてまったく同じ環境を作ります。

「EaseUS Todo PCTrans」というソフトを使ってHDD⇒SSDの丸コピーしました。

「EaseUS Todo PCTrans」

https://jp.easeus.com/free-pc-transfer-software/index.html

有料ソフトですが、丸ごとコピーする「クローン」での使用だと完全無料で使うことができます。

元々のHDDが500GBあったので結構時間はかかりましたが非常に簡単です。

「EaseUS Todo PCTrans」を立ち上げて「クローン作製」をポチっとするだけ。

あとはコピーが終わるまで気長に待ちます。

コピー完了までの時間は5時間位かかりました。

寝る前に設定して起きたらコピー完了している感じでした。

データ量がすくなければもっと早くコピー完了します。

ベンチマーク

交換後、ベンチマークをとってみました。

Writeが若干公表値より低いですがReadも充分速度出ています。

ちなみに交換前のベンチマークはこんな感じ。

HDD⇒SSDに交換してザックリ10倍位の速度が出ています。

パソコン買い換える前にSSDに交換するのもおすすめ。

まずwindowsの立ち上がりがかなり早くなっています。

元々のHDDが調子悪かったのもあってwindowsの立ち上がりに2分位かかっていたのですが、20秒弱で立ち上がってくるようになりました。

全体の動作もサクサク。超快適です。

HDD搭載のパソコンを使っていて、調子が悪くなって買い替えを検討するならまずはSSD載せ替えがおすすめ。

HDD⇒SSD交換、コスパがすごくいいです。

SSD容量次第で値段は変わりますが3000円~1万円程度のSSDに載せ替えるだけでパソコンが生まれ変わります。

↓↓ 同価格帯でおすすめのSSD ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント